GO!GO!TAXI

SugimotoTaxi blog ・・・家事と育児と、時々、タクシー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COGITO watchを衝動買い・・・


衝動買いしたCOGITO watchが届いた。

スマートウォッチは使えないだろうなと

思っていたので手を出さなかったんだけど

ついつい衝動買いしてしまった。


WEBで見た時にはかなり安っぽく見えたけど、

それほどでもなく値段相応かな。

大きさはG-Shock程度。

1a81331c-023b-4402-bac7-fbffae3f1af0.jpg


通知だけに特化してるスマートウォッチなので機能的には可もなく不可もなく。

惜しい点は、通知の時のバイブレーターが弱すぎることと、

ライトが点灯しなくて、文字盤が夜光ではないので、

暗いところだと文字盤が見えない点。


まだ日常で使ってないのでどの程度使えるだろう。


あっ!オレって普段腕時計しない人だったんだよね。。。
スポンサーサイト

Android端末の方は・・・

最近はiPhoneばかりで、Android端末の登場機会が激減。

そもそもGalaxyNoteをのOSをアップデートしてから動作がイマイチになってしまったのが主な理由。

ドコモ回線を解約してb-mobileのsimにしてから電池の減りが激しくなったのもあります。(これはb-mobileのデータ通信専用simには通話回線が無いにもかかわらず、端末が電話回線を探しまくってるかららしい。機内モード利用すれば電池のもちは格段によくなりますけど・・・)

というのが利用頻度が落ちた理由です。

Androidは自宅でNEXUS7をWiFiで使うか電子書籍をGallaxyNoteで読むか(GallaxyNote端末のサイズは文庫本みたいで読みやすい)・・・位。

やっぱiPhoneの方が何かにつけて信頼性が高いと

感じる今日このごろ・・・。

b-mobileのsimも解約しちゃおうかな?

iPhone音楽再生アプリ聴き比べ

mp3とAACのビットレートの違いの聴き分けに続いて、iPhoneの音楽プレーヤーアプリの聴き比べしてみました。

代表的なのを幾つかダウンロードして同じヘッドフォンで聴き比べ。

結論は、

FANTABIT>UBiO>Apple標準>その他のアプリ

って感じでした。

イコライザー系のアプリは、自分の好みの音にするのが面倒、プリセットはイマイチだったので音質重視のプレーヤーに軍配でした。

インターフェイスはやっぱ標準プレーヤーが使い勝手が良い。FANTABITはインターフェイスと画面デザインがイマイチね。

音質の差は、FANTBITとUBiOはどちらもオレの拙い耳でもハッキリわかるほど高音質であとは好みの問題かも。意外と標準プレーヤーも音が良いです。

他のアプリは如何にも「音作りました」って感じでわざとらしい音が多いくてイマイチのが多い印象。

価格はFANTABITが800円(たぶん)、UBiOは450円なのでヘッドフォン変えるよりリーズナブルかも。

ってことで、iPhoneでいい音で聴きたければ、汎用性のことも考えて
mp3で192kbps、それ以上は(オレには)聴き分けられないからそれで充分。

あまりお金かけたくていい音で聴きたければFANTBITかUBiOを買う。iPhoneアプリの中では高めですけどね。

お財布の温かい人はさらにそれなりの高いヘッドフォン購入ってところでしょうか。

mp3かAACか、ビットレートは・・・?

音楽配信サイトのビットレートが上がってるみたいなので、

試しにmp3とAAC、ビットレート変えて色々聴き比べてみたのだが、

ハッキリいって128kpbs以上は、

AACでもmp3でもプロの耳を持っていないオレには聴き分け出来ないね。

結論は、いい音で聞きたければヘッドフォンをそれなりの価格のもの、

自分の好みの音質のものに変えることかな。

ヘッドフォンの音質の違いは一聴瞭然だもん。

ちなみにオレはDENONのAH-C710っていう

カナル型ヘッドフォンが最近のお気に入り。

Nexus7専用Bluetoothキ-ボード

Nexus7専用のBluetoothキーボード兼ケースが届きました。

Bluetoothキーボード薄型軽量ケース for Nexus 7 MK5000

アスキーストアから購入。5980円也。

1.jpg
↑パッケージ。

設定はキーボードの電源を入れて接続ボタンを押してパスワードを入れるだけ。とっても簡単。

2.jpg
↑セットするとこんな感じ。キーピッチがあって打ちやすい。

3.jpg
↑本体はキボードの溝に差すというより置くイメージ。ノートパソコンみたいに角度の調整はできません。

4.jpg
↑本体はすぐに離すことができます。

5.jpg
↑キーボードは本体正面の液晶を覆う形でピッタリはまります。質感も本体と同じなので、まるで純正品のようです。

5980円ならコストパフォーマンスは高いと思います。


 | HOME |  »

Profile

Sugimoto T


Sugimoto T

法人タクシードライバー(東京)

東京都出身

40代後半、子供二人

Facebook

Twitter

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。