GO!GO!TAXI

SugimotoTaxi blog ・・・家事と育児と、時々、タクシー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れない遠近両用メガネ!

この年になってくる近いものが見えなくなってくる・・・そう老眼ってやつです。年はとりたくないもんです(@_@)。ごーたくは40歳を越えた位からなんとなく近いものが見えなくなってきて、老眼鏡や遠近両用メガネを作りはじめました。おかげで近眼専用、老眼専用、遠近両用、跳ね上げ式などたくさんメガネを持つハメに・・・。

老眼鏡はよいのですが、遠近両用メガネというヤツがなかなか曲者ですごく目が疲れるんです。特にタクシードライバーは目を酷使する仕事なので、疲れてきて夜になると近いものどころか、カーナビの画面も見づらくなるんです。そこで、夜になると遠近両用メガネの登場になるのですが、これがとにかく疲れる。っていうか、気持ち悪くなる一歩手前までいくんです。

そんな仕事柄、使わざるを得ない遠近両用メガネに悩んでいたところ、WEBであるサイトに出会いました。(Googleで遠近両用って検索するとトップに表示されますので、人気の高いサイトのようです)

−まちがいだらけの遠近両用メガネ−
遠近両用メガネ 常識のウソを加学する


↑このサイトです。

はじめはどこかのメーカーが運営しているのかなと思いましたが、やはり遠近両用メガネに悩んだ個人の方が作られたページらしい。読みすすめていくうちにこれは良いかも知れないと思いはじめました。

ま、詳しくは上記のサイトを読んでもらえば、詳しく書かれているのでそちらを見てほしいのですが、要するに通常の遠近両用を作るときよりも遠用アイポイント(近眼の方です)を狭くして、近用(老眼の方ですね)を広くとるってことでした。必然的に遠用アイポイントはレンズの上の方にづれて作ることになります。

で・・・さっそく作ってみました。

ごーたく場合はメガネの上端から8mmに遠用ポイントをもってきました(くわしくは本家サイトの方を読んでください)。上記サイトでは9mm〜3mmまで試されていますが、行きつけのメガネ屋さんに、このやり方を説明して、サイトも見てもらった上でごーたくのフレームに合わせて8mmということになりました。ちなみに累進は11mmのものです。フレームは新しいものを使わず現在使っている細身のフレームのレンズを入れ換えることにしました。メガネ屋さんも良心的でレンズ代のみ7千円で済みました。

そんで・・・これが、ムチャクチャ良いのですよ!

遠用の度数も近用の度数も以前の遠近両用と変えていないのですが、疲れずらくてとても自然に遠くのものも近くのものも見えるのですよ。特に遠近両用を使ったことがある方にはわかると思いますが、近くを見るときに顎をあげて下目使いに見る必要がないのですごく自然なのです。あと、遠近両用をかけた時のあの目の回るような気持ち悪さがほとんどないのです。

当然、遠用ポイントが狭くなっているので遠くが見づらいのではないかと思ってましたが、これはほとんど問題ありません。仕事の時も大丈夫でした。逆にナビの画面が自然に目線をづらしただけでハッキリ見えるので楽々なんです。

そのほかの利点としては、累進11mmでつくればかなり細身のフレームでもいけるということですね。ごーたくのフレームも通常の遠近の作り方ではメガネ屋さんで上下幅が狭すぎると言われる位のフレームです。ごーたくは細身のフレームが好きなので理想的です。

デメリットは今のところ感じませんが、強いていえば前方下斜め45度あたりを首をさげずに見たときに近用ポイントにかかるのですこしボケること、正面からテレビを寝転んでみようとすると近用ポイントにかかるのですこしボケます。デメリットとしてはそのくらいでしょうか。

タクドラにとって目は商売道具なんで上記サイトに感謝です!遠近両用メガネに悩んでいる方には一見の価値ありのサイトです。


人気ブログランキングへ
↑↑↑
応援クリックお願いします!

スポンサーサイト

 | HOME |  »

Profile

Sugimoto T


Sugimoto T

法人タクシードライバー(東京)

東京都出身

40代後半、子供二人

Facebook

Twitter

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。